デビクロMEMOブログ


こちらは天野佑海のミニブログです。

2015年から当サイトで連載していた極道BL小説「デビル・クロニクル」全7巻がアマゾンKindleストアより配信されました。kindle unlimitedにも対応しております。極道BL、ヤクザBL、Vシネマ、ノワール映画等、ヤクザフィクションをこよなく愛する方は是非!
【公式ホームページ】極道BL-DEVIL CHRONICLE

2019年04月

1234
暗黒官能極道BL小説「デビル・クロニクル」第4巻、4月13日に配信されました。
既刊共々、どうぞ宜しくお願い致します!

デビル・クロニクル公式ホームページもリニューアルオープン致しました。
デビクロの世界観がギュッと詰まっています。
是非、御訪問下さい。
https://devil-chronicle.com/

ppp
体調が悪い朝は、薬が効いてくるまで映画を見ています。今朝の一本は映画「殿、利息でござる!」。
18世紀、仙台藩の吉岡宿で実際にあった出来事を元に作られた痛快コメディ。阿部サダヲが出演しているだけでもう痛快コメディだと分かってしまう(笑)。
当時、吉岡宿の百姓達は藩から課された「伝馬役」の為、大変な困窮を強いられていた。
「伝馬役」とは、藩の物資を馬で運ぶ交通システム。これに駆り出されてしまうと百姓達は自分の仕事出来ない。
そこで吉岡宿の有志達は五千貫文を集めて藩に貸し付け、その利子で伝馬役をまかなおう…という奇策を思いつきます。吉岡宿の辛すぎる伝馬役を、子々孫々楽にしてやるために──。

先代と当代・浅野屋の隠された尊い志に朝から泣かされました(´;ω;`)妻夫木君、好き~!!!イケメーン!!主演キャストは見ればお分かりのように、全員楽しい方々ばかりでやりとりも最高に面白いw
物語のラスト、彼らの志に胸を打たれた仙台藩七代藩主・伊達重村が吉岡宿を訪れるのですが、なんとサプライズゲスト(?)として羽生結弦くんが登場!殿様姿の結弦君、素敵~!!!
実はこの映画、二度目の視聴なのですが、ダレることなくまた最後まで楽しめました。
あ~。時代劇って素敵。

デビル・クロニクルのホームページがリニューアルOPENしました。
是非遊びにいらしてください!
【極道BL-デビル・クロニクル】



このページのトップヘ