死ぬまでにやりたいことの一つが自分の本を出版することでした。
病気になって一層その思いが強くなりました。
子供の頃から本が好きで、学生時代は漫画同人誌、そして出版社に勤務してからは、毎月の締め切りに追われながら月刊誌を作っていました。締め切り締め切り締め切りの毎日が苦しくて同僚とお酒を飲みながら編集長のことをハゲだなんだとボロクソに愚痴って(笑)それでも物作りはとても楽しかった。
退職後もなんやかんやで物作りと創作を続け、今はセルフパブリッシングにドハマリしています。
物作りはとても楽しい。所詮素人が書いたエロ小説に過ぎませんが、エンターテインメントとして楽しめるように書いたつもりです。あと少し。頑張ろう。